クスリと正しく付き合う

カフェインが含まれる飲み物で薬を服用してはいけない

薬を飲むときはカフェインの取りすぎに注意(C)日刊ゲンダイ

 前回は「炭酸水で薬を飲むのは問題ない」という話をしました。ただ、ひとつ注意したいのは、炭酸水にも「軟水」と「硬水」の種類があることです。炭酸は問題なくても、硬水に含まれるミネラルが薬と相互作用を引き起こすケースがあるので気を付けてください。

 また、炭酸水=炭酸飲料(ジュース)ではありません。炭酸飲料の中でも、コーラなどのカフェインを含んだ飲み物で薬を飲むのはやめた方がいいでしょう。

 もちろん、カフェインを含むコーヒーや紅茶も同様です。少量であれば問題ありませんが、それでもリスクはあります。カフェインと相互作用のある薬は意外と多いのです。

 身近な薬では、「解熱鎮痛剤」の中にカフェインによって効果が強くなるものがあります。効果だけがアップするのならまだよいのですが、副作用も出やすくなってしまうのです。

 逆に、効果が弱まる可能性がある薬としては、「マクロライド系の抗菌薬(抗生剤)」や「狭心症・心不全の治療薬の一部」(ジピリダモールなど)があります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。