ストレスゼロでも…知っておきたい円形脱毛症の5つの知識

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ストレスで円形脱毛症に……。よく聞く話だが、ストレスはひとつのきっかけに過ぎない。

 たとえ、毎日がハッピーでも円形脱毛症になる。円形脱毛症は、異物を攻撃する免疫細胞が、自分の体の一部(円形脱毛症では毛根)を攻撃し、発症する自己免疫疾患だからだ。

 その原因はさまざまで、ストレスが引き金になっている場合もあれば、インフルエンザ感染などがきっかけだったり、原因らしきものはまったく思い当たらない場合もある。

「つまり、だれでもなる可能性があるのです」

 こう話すのは、横浜労災病院皮膚科部長の斉藤典充医師。では、もし自分や家族が発症したら、どうすればいいのか?

①数や広がりに注意

 円形脱毛症には、1カ所だけ丸く抜ける「単発型」、それが複数できる「多発型」、脱毛が広がり頭部全体の髪が抜ける「全頭型」、まつげやひげ、体毛まで抜ける「汎発型」などがある。

1 / 4 ページ

関連記事