天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

バイパス手術が難しいなら血管再生治療で足の切断を防ぐ

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 当院の心臓外科では、「慢性閉塞性動脈硬化症」(ASO)や「末梢動脈疾患」(PAD)の患者さんの治療もおこなっています。主に糖尿病が原因で動脈硬化が進み、足の血管がボロボロになったり詰まってしまうことで、血流が悪くなる疾患です。足先まで酸素や栄養を十分に送れなくなるため、歩行中に痛みを起こして歩行困難を来します。重篤化すると壊疽を招き、下肢を切断しなければならないケースもあります。

 糖尿病を抱える患者さんが爪を切った際に深爪してしまったと思っていたら、患部がジュクジュクと化膿していつまでも治らない。病院で診てもらうと足の血管がボロボロで、足指の骨が壊死していた。指を切断しても壊疽は治まらず、どんどん足の上部に進んでいき、ついには膝の上くらいから切断しなければならなくなってしまった……。こうしたケースも少なくありません。

 足の切断を食い止めるためにいちばん大事なことは「最初の切断をしない」ということです。そのために何が必要かというと、足の血行障害を治すことです。同時に壊疽を起こしている部分を改善させる治療も行います。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。