役に立つオモシロ医学論文

一人っ子や祖父母同居の子供は肥満になりやすい

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 小児期の肥満には「食習慣」や「運動量」などさまざまな生活習慣や社会的環境が関与していますが、「同居している家族の構成」もその大きな要因であるという指摘があります。

 一人っ子の家庭や、祖父母と同居している子供では、そうでない子供に比べて食習慣や運動量が大きく異なる可能性があるからです。ただ、家族構成が小児期の体格に与える影響は、子供の年齢とともに変化する可能性がありますし、日本人での研究報告は限定的でした。

 そんな中、「プロスワン」という有名な科学誌に2017年4月17日付で、「家族構成と子供の体格」について検討した研究論文が掲載されました。

 この研究は平成13年1月10~17日及び7月10~17日に日本で出生した4万3046人を解析対象としたものです。2歳半~13歳の子供の身長/体重データを用いて、同居する祖父母あり/なしと、同居する兄弟あり/なしを比較して、年齢ごとに肥満のリスクを検討しています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。