Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

小林麻央さん告白 がんの骨転移は5割が放射線で痛み解消

がんが顎に転移したことをブログで報告(C)日刊ゲンダイ

 がんが進行しているようです。乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が先月26日、ブログでがんが顎に転移したことを報告。今は入院先の病院を退院して自宅に戻り、点滴などによる在宅医療で治療を続けるそうです。

 麻央さんはこれまでもリンパ節や肺への転移を明かしていますが、ホルモンとの関係が深い乳がんは骨にも転移しやすいのが特徴。同じくホルモンに依存する前立腺がんもそうで、ホルモンとの関係が深いがんの転移は骨がトップです。

 多い部位としては、背骨や骨盤、肋骨、頭蓋骨、上腕骨、大腿骨など。顎への転移はレアケースですが、骨転移は進行がん全体の7割に見られる典型的な症状で、つらい痛みが特徴です。麻央さんも「『痛い、痛い』という思いで怖くなって……」とブログにつづっているように、痛みに悩む人は7~8割に上ります。

 乳がんに高頻度で生じる骨転移ですが、それを調べる検査は、骨シンチグラフィー、PET、PET―CTなどいくつかありますが被曝を伴うため、毎月のように何度も実施するのは現実的ではありません。ですから、背骨や腰、肩、股関節などの周辺に今までにないような痛みが生じたら、検査して骨転移の有無を判断し、骨転移が認められると治療に進みます。

1 / 2 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。