数字が語る医療の真実

かっけと栄養 幕末から明治にかけ猛威を振るった

 今回からは話題を変えて、栄養に関わる歴史的な事件についてです。「かっけ」という病気をご存じでしょうか。詳しくは知らなくても名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。膝頭をトンカチで叩いて診断する病気ですよね、なんて言う人も多いでしょう。

 かっけというのは文字通りに解釈すれば、「脚(足)の病気」ということなのでしょう。脚の神経がやられて、しびれや麻痺が起こるのですが、そのために膝頭をトンカチで叩いても脚の筋肉が反応しなくなり、病気の診断に役立ったわけです。「トンカチで叩いて診断する病気」というのは、まさに正解なのです。

 しかし、かっけは脚の病気というだけでなく、最終的には心臓にまで影響が及び「かっけ衝心」と言われる状態、今のコトバでいえば「心不全」によって亡くなります。

 今ではほとんど見ることのないかっけという病気ですが、幕末には2人の将軍がこの病気で亡くなり、明治になってからは天皇もかっけにかかり、軍隊では集団発生して多くの軍人が亡くなっています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。