数字が語る医療の真実

かっけと栄養 幕末から明治にかけ猛威を振るった

 当時の海軍のデータを見てみると、1875年には100人中26人がかかり、そのうち陸軍では22%が、海軍においても5%が亡くなっています。

 また、83年には兵員数4673人中1212人がかっけになり、そのうち49人が亡くなるという、すさまじい状況が分かります。

 この幕末から明治にかけ猛威を振るったかっけと、それをどう克服していったかについて、栄養の問題を絡めながらこれから取り上げていきたいと思います。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。