がんと向き合い生きていく

がん手術の過去によって職場を追われた患者さんもいる

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 Cさんは、上司と3人の同僚には子宮頚がんのことを話してありました。その同僚のひとりであるFさんは、前の職場で働いていた時に乳がんの手術を受けていました。ただ、Fさんは今の会社にそのことは伝えておらず、Cさんにだけ「内緒よ!」と打ち明けたのだそうです。

 ある時、そんなFさんは腰に激痛が走り、救急車で病院へ搬送されました。乳がんの骨転移でした。上司はFさんがかつて乳がんの手術を受けたことを知らなかったため、社員を集めて「誰か知っていた人は?」と尋ねたそうです。Cさんが手を挙げると、「なぜ、私に知らせなかった」と迫ったといいます。Cさんは「個人情報ですから……」と答えるのが精いっぱいでした。結局、それからお互いの信頼関係が崩れてしまい、CさんもFさんも会社を辞めることになってしまいました。患者は職場を失い、会社は貴重な人材を失ったのです。

3 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。