栄養指導のプロが指摘 減量目的の食事で「かえって太る」

ライフスタイルに合った食生活を身に付けたい(C)日刊ゲンダイ

 肥満気味の人は、耳にタコができるほど「健康のために減量を」と言われていることだろう。しかし、2人の栄養指導のプロは「減量を目的にした食生活は、かえって肥満を招く」と口をそろえる。

「フーズアンドヘルス研究所」主宰の幕内秀夫氏(管理栄養士)は、ある事例を挙げる。

 知的障害者の施設を運営する人から、相談を受けた。肥満が多く困っており、医師、栄養士から減量を目的とした食事指導を受けたところ、指導を受けた人の精神状態が極めて不安定になり、体重も増えてしまった。どうすればいいか―――。

「私が勧めたのは、おやつをまんじゅうなどの和菓子にすることです。食事の内容や体重には触れず、まずはそれから始めてくださいと言いました。結果、ほぼ全員の精神状態が安定し、体重も落ちました」(幕内氏)

■カロリー制限は不要

1 / 4 ページ

関連記事