明細書が語る日本の医療

子宮全摘の都道府県格差 トップは2位以下に大差つけた東京

子宮悪性腫瘍手術(子宮全摘術)の多い県と少ない県(C)日刊ゲンダイ

 子宮がんの手術で大変なのは子宮悪性腫瘍手術(子宮全摘術)。子宮体がんと、一部の子宮頚がんが対象になります。子宮がんの都道府県格差を見るために、女性人口10万人当たりの手術件数を計算し、<表>にまとめました。子宮体がんでは、子宮付属器(卵巣・卵管など)も一緒に切除します(子宮付属器悪性腫瘍手術)。そこで子宮全摘術に対するその割合も載せておきました。

 2014年度における子宮全摘の全国件数は約1万5000件。女性10万人当たり23.4件になります。そのうちの約8800件(58.0%)で付属器の切除が行われました。

 子宮全摘が最も多かったのは東京都です。女性10万人当たり年間33・2件に及び、2位以下に大差をつけています。といっても「東京都の病院で行われた手術」の件数であって、東京都民が受けた手術の件数ではありません。件数が多いのは、全国から患者を集めていることの証拠です。大阪府や福岡県も同様の理由で上位に入っているのでしょう。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。