数字が語る医療の真実

【かっけ】原因不明でありながら治療法が先に確率

東京慈恵会医科大学は高木兼寛が創設(C)日刊ゲンダイ

 明治時代に猛威を振るった「かっけ」ですが、当時は原因不明で治療法のない病気で、多くの人が命を落としていました。

 しかし、原因が究明される以前にかっけは克服されます。病気の治療法が分かった後で原因が明らかにされたのです。

 原因が分からないのに病気を治すことなんてできるのか……そう思われるでしょう。しかし、ウソではありません。そこに登場したのが高木兼寛です。日本ではあまり有名ではありませんが、かっけとの戦いの歴史の中で世界的に最も有名な医師の一人です。私学医学部の名門、東京慈恵会医科大学の創設者でもあります。

 高木兼寛は薩摩藩の郷士の家に生まれましたが、若くから医師を志しました。薩摩藩立の医学校で英国軍医ウィリアム・ウィリスのもと医学を学び、その後は英国に留学します。日本に帰国後は海軍病院の院長となり、海軍で起こるかっけの原因の究明と、治療の開発に取り組みました。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。