ニューヨークからお届けします

米はパリ協定離脱を宣言 地球温暖化で睡眠障害が増える?

眠れない夜が増える?(C)AP

 アメリカのトランプ大統領がパリ協定からの離脱を宣言。地球レベルで地球温暖化対策を改めて考えなければならない時が来ていますが、そんな中で「地球温暖化で眠れない夜が増える」という研究結果が発表され、話題になっています。

 熱波の頻度や海面の上昇など自然界に与える影響は予測できても、人間の健康に対する温暖化のインパクトを測るのは難しいとされています。これまでも熱帯性の伝染病の増加や、寒冷による死の減少などが予測されてきましたが、今回のように地球温暖化と睡眠の関連が研究されたのは初めてです。

 発表したのは「サイエンス・アドバンス」誌の電子版です。研究者は政治学者のニック・オブラドビッチ博士で、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の協力の下、アメリカで2002年から11年の間に集められた、約77万人分の睡眠に関するアンケートからはじき出されました。

1 / 2 ページ

関連記事