Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

野際陽子さんが肺腺がんに手術ではなく放射線を選んだら…

享年81(C)日刊ゲンダイ

 評判の昼ドラ「やすらぎの郷」が放送中の最中の訃報に驚いた人も多いでしょう。肺腺がんで亡くなった野際陽子さんは享年81。撮影陣は復帰を待っていたといいますから、なおさらでしょう。

 娘で女優の真瀬樹里さん(42)のフェイスブックによると、がんが見つかったのは「3年前」。その後、「2度の手術、抗がん剤治療と、仕事をしながらの壮絶な3年の闘病」だったそうです。そうすると、1度目の手術は78歳のとき。

 肺がんは男女とも罹患数3位。そのうちの6割を占めるのが、肺の末梢にできる肺腺がんです。肺がんの主流で、たばこを吸わない人と女性に多いのが特徴。そのため最近は“たばこと関係が薄い肺がん”と誤解する方がいるようですが、無関係ではありません。

 ひとつは、受動喫煙の影響です。たばこを吸わない妻が1箱以上吸う夫と同居していると、ノンスモーカーの夫との同居のケースと比べて、肺腺がんの発症リスクは2倍になります。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。