有名病院 この診療科のイチ押し治療

【甲状腺がんの手術】ニューハート・ワタナベ国際病院/内分泌・呼吸器外科(東京都杉並区)

ニューハート・ワタナベ国際病院内分泌・呼吸器外科の石川紀彦同科部長とロボット手術(提供写真) 
日本で唯一のロボット手術でのどに傷痕を残さない

 男性よりも女性に多い(約5倍)甲状腺がん。悪性度の高い未分化がんを除き、治療は手術が基本となる。しかし、甲状腺は気管を取り囲むように位置しているので、手術で切除すると、のどの部分に数センチ~10センチの横傷が残る。特に女性にとっては美容面での負担が大きいのが現状だ。

 ところが同科は、のどに傷を残さない甲状腺がんの手術が可能。国内で唯一、甲状腺に対するロボット手術を行っているからだ。同科の石川紀彦部長(顔写真)が言う。

「当科でも甲状腺がんの手術は、基本的には従来の首の前部を切開する手術で行っています。ロボット手術が適応になるのは、ステージⅠ期(45歳未満では遠くの臓器への転移がない)の甲状腺がん、もしくは良性か悪性か診断がつかない5センチくらいまでの腫瘍です」

■脇の下を5センチ切開するだけ

 ロボット手術とは、手術支援ロボットシステム「ダヴィンチ」を用いた内視鏡下手術のこと。従来の内視鏡下手術は「胸腔鏡下」「腹腔鏡下」などの術式で、多くの臓器の手術で行われているが、甲状腺手術には導入が遅れている。

1 / 4 ページ