医者も知らない医学の新常識

カルシウムの過剰摂取は危険なのか?

カルシウムのサプリメント(C)日刊ゲンダイ

 カルシウムは、ビタミンと並んでサプリメントで取る人が多い栄養素だと思います。骨の健康のためにはカルシウムが不足しないことが必要ですし、カルシウムの不足が血圧を上げたり、イライラの原因になることも知られています。1日のカルシウムの必要量は600ミリグラムといわれていますが、日本人は食事だけでは不足していると指摘されています。そうなると、サプリメントを取った方がいいと考えるのは当然のことです。

 しかし、実は最近になって、カルシウムのサプリメントの健康への影響が問題となっているのです。昨年の栄養学の専門誌に掲載された論文によると、1日1000ミリグラム以上のカルシウムのサプリメントを使用している男性は、使用していない場合と比較して、総死亡のリスクが17%も増加していました。昨年のアメリカ心臓協会の雑誌の論文によると、「カルシウムのサプリメントを使用することにより、心臓の血管の動脈硬化性変化である石灰化が10年間で22%増加した」という結果になっていました。

 食事からのカルシウムが多くても、そうした悪い影響は認められていません。なぜ、こうした違いがあるのかは今のところ不明です。とはいえ、カルシウムはサプリメントに頼るのではなく、食事から取るようにした方が安全なようです。

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。