愉快な“病人”たち

仕事への影響不安も 道端アンジェリカ「乾癬」告白の決意

ブログには多くの人から激励の書き込みが(C)日刊ゲンダイ

 今年の5月、「スーパーフードを食べているのに肌が汚い」とネット上に書き込まれ、とても腹が立って「乾癬」という病気であることをSNSに公表しました。所属事務所の了解も得ないで(笑い)。スマホで文字を打ちながら、「道端アンジェリカのイメージはどうなるかな」とは思いました。でも、そう思っても書かずにはいられませんでした。

 皮膚疾患のひとつ、乾癬だと診断されたのは今年の1月ですが、異変は5~6年前から始まっていました。最初は膝裏や肘にできた小さな湿疹。昔ながらの軟こうを塗って、治ったり再発したりを繰り返していたんです。

 そのうち特に肘がひどくなってきて、100円玉ぐらいの大きさだったものが肘を覆うように広がって……。症状は赤く盛り上がって真ん中が乾燥して白い感じ。痛みやかゆみは特にありません。皮膚科を受診したら「肌荒れ」と診断され、肌荒れ用のステロイドを処方されました。

1 / 5 ページ

関連記事