Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

乳がんで亡くなった小林麻央さんから学ぶ3つのこと

闘病生活をブログにつづっていた小林麻央さん(ブログから)

 乳がんで亡くなった小林麻央さん(享年34)のブログが改めて注目されています。その中には見逃せない内容があるのも事実。麻央さんの生きざまからぜひ学んでほしいことを紹介しましょう。

 特に大きいのが昨年9月4日「解放」に書かれた内容。〈あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった。あのとき、信じなければよかった〉と誤診を示唆していることです。

 新聞や週刊誌などによると、2014年2月に人間ドックで左乳房の腫瘤が発覚したものの、医師に「授乳中のしこりで心配ない」と言われ、半年後の検査を提案されたといいます。乳がんの診断を受けたのは8カ月後で、脇のリンパ節にも転移していたようです。

 この連載で何度となく触れているように、がんは亡くなる直前までかなり元気に暮らすことができます。たとえば、愛川欽也さん(享年80)、菅原文太さん(享年81)がそうでした。がん治療医である私自身、がんで死にたいとさえ思っています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。