数字が語る医療の真実

まっとうな批判による健全な議論で「かっけ」撲滅が停滞

 日本で明治時代に起きた「かっけ」論争の続きです。

 日本海軍の軍医だった高木兼寛と同時代の医者の王道は、東京帝国大学医学部からドイツへ留学して、ドイツ医学を学んで日本に帰ってくるというものでした。高木の英国留学という経歴は、当時としては邪道であったわけです。

 その東大卒ドイツ医学の王道のトップに、陸軍軍医制度の確立に尽力した石黒忠悳がいます。石黒は「かっけばい菌説」を掲げ、高木の「タンパク質不足説」に反論します。石黒は、かっけは農民に少なく軍人に多いことを指摘し、「タンパク質不足が原因であれば、この事実が説明できない」と言います。さらに、地方より肉食の多い東京でかっけ患者が多いことも指摘します。確かに納得のいく反論です。

 さらに東大医学部教授の大沢謙二も、「栄養不足が原因であるなら、アイルランドのような貧しい国でかっけがまったくないことが説明できない」と主張。また、同じ土地でも年によって流行しないことがある点を指摘し、「タンパク質不足説」に反論します。食事を洋食に変えた戦艦「筑波」でのかっけの減少も、流行しなかったに過ぎないと説明することもできる。少なくとも栄養の問題ではないというわけです。これもまったく妥当な批判です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。