がんと向き合い生きていく

乳がんは手術から20年後に転移する場合もある

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 再発は、まれに手術後5年以上たってから、中には20年後という場合もあります。ある女子大の教授をされていた女性が、肝臓に多数の腫瘍があって入院されたことがあります。肝臓で針生検をしたところ、そのがん組織は20年前に乳がんの手術をした時の組織と一致しました。20年後の乳がん転移が判明したのです。こうした場合もあるので、再発なく5年が経過しても定期的な検診が必要でしょう。

 乳がんの治療や薬剤は確実に進歩しています。しかし、中には非常に進行の早いタイプがあり、薬剤にも抵抗し、不幸な転移となる方もいらっしゃいます。完治のためには、やはり早期の発見、早期の診断・治療が大切です。ぜひとも定期的に検診を受けるべきです。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。