クスリと正しく付き合う

“癒やしのハーブ”が深刻な相互作用を起こすケースもある

 これまで、特定の薬と相性が悪い食べ物について紹介してきました。今回は、多くの薬剤に影響を及ぼすことが知られている有名な食品について紹介します。

「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)」は、癒やしのハーブまたはサンシャインサプリメントとして知られている健康食品です。サプリメントとしても市販されています。ドラッグストアなどで手軽に買うことができますし、身近なサプリメントといえるでしょう。“癒やし”といわれるだけあって、うつ病、不安神経症、睡眠障害に対し、民間療法として用いられています。

 ただし、セントジョーンズワートは多くの薬剤と相互作用があり、厚労省のホームページで注意喚起されているほどです。セントジョーンズワートには薬物を代謝する酵素「チトクロームP450」を体内で過剰に作らせる働きがあり、代謝酵素が過剰にできることで、併用した薬の効果を弱めてしまう相互作用が起こります。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。