天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

“条件が悪い”患者の手術は技量と経験、何より覚悟が必要

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

「リスクが高いので手術はできないと、他の病院で手術を断られました。ここならば手術をしてもらえるでしょうか」

 このように当院を訪ねてくる患者さんはたくさんいらっしゃいます。

 そうした患者さんは、以下のようなケースがほとんどです。①かつて心臓手術を受けていて、再手術が必要になった②心臓疾患の他に糖尿病などの合併症を抱えていたり、腎機能障害で人工透析を受けている③高齢で全身状態が非常に衰弱している。いずれも、手術のリスクが大きい状態で、外科医が手術をするかどうか迷うケースといえます。そうした“条件が悪い”患者さんに対しては、リスクに立ち向かう覚悟がない外科医は手術を断る場合が多いのです。

 私の場合、多少なりとも患者さんの状態が安定していて、本人にもご家族にもこちらの説明をきちんと理解してもらえる状況であれば、ほぼ手術を行ってきました。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。