天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

“条件が悪い”患者の手術は技量と経験、何より覚悟が必要

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 もちろん、手術はできないと判断するケースもあります。たとえば、来院されるまでの間に認知症が進んでしまって、会ってお話をしても理解力や判断力が障害されている高齢の患者さんはどうしても難しいといえます。また後期高齢者で、手術を終えてから回復するまでの時間と予想される健康寿命の長さを考慮して、手術をしないほうがQOL(生活の質)を維持しながら自然寿命をまっとうできると判断した場合も、手術は選択しません。

 ただ、そうした特別なケースでなければ、ほとんどの患者さんを受け入れます。これまで、ずっとそうした姿勢で臨んできました。

 先にもお話ししたように、再手術、合併症を抱えている、高齢で全身状態が悪い患者さんは、手術の難易度が上がります。

 たとえば再手術の場合なら、前回の手術による癒着がひどく、臓器や血管が複雑にくっついてしまっているためスムーズに患部にメスを入れることができないケースも少なくありません。丁寧に癒着の剥離を何度も繰り返し、臓器損傷と不測の出血を起こさないような処理をしながら進めなければならないのです。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。