天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

“条件が悪い”患者の手術は技量と経験、何より覚悟が必要

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 そして何より重要なのは外科医のヤル気です。なんとかして患者さんを助けたい。「これやってみてダメだったら後はないぞ」という覚悟を持って手術に臨めるかどうか。そして、それを実現できるだけの技量と経験があるかどうか。条件の悪い患者さんを受け入れ、手術を成功させ、無事に回復させることができるかは、そこにかかっています。

 そうした姿勢を貫いてきたことで、結果的に条件の悪い患者さんが多く集まるようになりましたが、それだけ患者さんのためになっているということです。これからも、「この人を絶対に助ける」という強い思いを持って全力を尽くしていきます。

4 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。