健康ポイント どっちが勝ち?

脂肪分少なめ アイスを食べるならモナカよりもあずきバー

食べる前に一括表示もチェック(C)日刊ゲンダイ

 暑くなると、ついつい食べたくなるのが、アイスクリーム。このコラムを読んでいる方なら、「ミルクたっぷりのものはNGと言われそう……」「チョコレートがかかったものは控えた方がいいだろう」など、頭の片隅でちょっと考えながら選んでいるかもしれません。

 そこで今回の対決は、「もなかアイス」と「あずきバー」です。

 アイスクリームには、さまざまな種類があるのをご存じでしょうか。厚労省が定める種類別では、乳固形分15%以上(うち乳脂肪が8%以上)入っているものを「アイスクリーム」、乳固形分10%以上(うち乳脂肪が3%以上)入っているものを「アイスミルク」、乳固形分3%以上入っているものを「ラクトアイス」と呼びます。

 市販のアイスの裏にある一括表示を見ると、これらが記載されているので、どのくらいの乳固形分が入っているか一目瞭然です。

1 / 2 ページ

柴田真希

健康で楽しい「食」を提案する「エミッシュ」代表取締役。「私は『炭水化物』を食べてキレイにやせました。」など著書多数。ブログ「管理栄養士 柴田真希のシアワセ♪Makitchen」が好評。