がんと向き合い生きていく

前立腺がんは大きくならず一生そのままという場合もある

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 Cさん(62歳・男性)は、車の整備工場で退職後も非常勤で働いておられます。会社の健診で高脂血症、高血圧症、脂肪肝と診断され、2カ月おきに通院されていました。

 そんなCさんが最近、「腰が痛い」とのことで来院されたのです。採血では「アルカリホスファターゼ(AL―P)値」が正常値より2倍ほど高くなっていました。AL―P値は肝機能異常のときに、あるいは骨折など骨の異常で高くなります。Cさんは他の肝機能などの数値はまったく正常でしたので、骨の異常を考えて腫瘍マーカーのPSAを測定したところ、正常の3倍の値でした。

 急いで泌尿器科を受診していただくと、前立腺がんがすでに骨転移していたことがわかりました。そのために腰痛が起こっていたのです。現在、Cさんはホルモン療法によって腰痛はなくなり、小康を保っております。 前立腺がんは、初期ではほとんど症状がありません。がんが大きくなると、頻尿、尿が出にくくなる、血尿などの症状が出ます。診断は直腸から前立腺に針を刺して組織を採取し、病理検査で確定します。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。