がんと向き合い生きていく

前立腺がんは大きくならず一生そのままという場合もある

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 前立腺がんと診断された場合は、そのがんが進行しやすいのか、ゆっくり進行するのか、病理検査で悪性度診断が行われます。「グリソンスコア」と呼ばれる方法で、10点満点で点数が高いほど悪性度が高くなります。

 がんの進み具合はCT、MRI、骨シンチグラフィーなどの検査で決められます。がんの進行状況とグリソンスコア、PSA値などにより、低、中、高リスクに分けられます。

 どのリスクに入るのかに合わせ、患者さんの希望、年齢、合併症などを検討して治療法が決められます。治療法は前立腺全摘手術、放射線治療、ホルモン療法が中心です。抗がん剤治療の効果は限定的で、根治治療には使われず、初回から使われることは少ないのです。 前立腺がんが早期で見つかった場合、他のがんでは考えられないことがあります。がんがまったく大きくならないで、一生そのままでいることがあるのです。がんが前立腺に限局し、低リスクと診断された場合は、PSAをチェックしながら経過を見て、PSA値上昇時に再生検して根治治療を行うかどうかを検討する「PSA監視療法」を選択することもあります。海外の研究で、「がんが早期であった場合、手術しても放射線治療しても、何もしないでいる場合の10年生存率は変わらなかった」という報告があるのです。

2 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。