がんと向き合い生きていく

前立腺がんは大きくならず一生そのままという場合もある

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 前立腺がんは男性ホルモンに影響されるがんなので、ホルモン療法は有力な治療法として使用されてきました。主として男性ホルモンをブロックするものです。そのため、男性ホルモンを作っている睾丸を切除する方法は昔から行われてきました。また、「化学的除睾術」といわれる注射や内服などのいろいろな薬が開発されています。

 前立腺がんで骨転移がある場合、ホルモン療法が第一選択となっています。ホルモン療法が効かなくなった場合に「ドセタキセル」などの抗がん剤が使用されています。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。