愉快な“病人”たち

がん手術を通算8回 黒沢年雄は「もうお葬式も済ませた」

手術の経験は「全部いい思い出」/(C)日刊ゲンダイ

「がん? ああ、来た来た!」という感じです。こんなふうに言うと軽薄に聞こえるかもしれませんけど、つらいとか苦しいといった経験は、乗り越えれば全部いい思い出になることを体がもう知っているんです。だから、一切不安はありません。通算8回のがん手術は、本当に全部いい思い出。楽しかったな(笑い)。

 そんな僕でも、一番初めの大腸がんが分かった時は、そりゃ不安でした。1992年、48歳の時のことです。

 僕は体のメンテナンスはずっと気を付けていて、主治医の病院で、毎年きちんと検査を受けていたんです。その主治医には家族ぐるみでお世話になっていて、信頼もしていました。でもある日、血便があったので受診したら、「痔」と診断されたんです。その時は疑いませんでしたが、その3年後に大腸がんが見つかった。今思えば、その血便がサインだったと思っています。

 大きな異変はハワイ旅行中、トイレで大量に下血したことです。あまりの量に「これは痔なんかじゃない」と思いました。たまたまテニスの仲間に医師がいたので、帰国後に彼の病院で検査をしたら、「S字結腸にポリープがあって、それががん化している」と言われました。ステージⅡとのことでした。

1 / 5 ページ

関連記事