数字が語る医療の真実

【かっけ】ニワトリの実験で否定されたタンパク質不足説

 海軍軍医・高木兼寛が犬で実験を行った3年後の明治22年、西暦でいえば1889年、かっけ研究のためにインドネシアに派遣されたオランダの衛生学者・エイクマンが、新たな発見をします。

 玄米に替えて白米で育てられているニワトリで、足がふらつき、そのうち歩けなくなり、さらには呼吸困難で死ぬという人間のかっけに似た病気が発症する事実をつかむのです。

 そこでエイクマンはニワトリでの実験を行います。まずニワトリに20~30日間白米を食べさせ、すべてのニワトリでかっけに似た病気を発症することを再度確認します。その後、玄米に替えるグループ、白米と米ぬかを与えるグループに分けて観察したところ、どちらのグループでもすべてのニワトリでかっけに似た症状が消えたのです。

 何羽のニワトリで行われた研究かは調べきれませんでしたが、すべてのニワトリでの発症が、玄米、米ぬかですべて回復、「発症ゼロ」になるという結果です。2群に分けた臨床試験でないとはいえ、決定的な証拠です。高木の犬の実験の5年後のことです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。