医者も知らない医学の新常識

大腸がん検診の「2次検査」はすぐに受けよう

陽性なら必ず2次検査を受けよう(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 がん検診にはたくさんの種類がありますが、がんによる死亡を確実に減らすような効果のある検診は、それほど多くはありません。しかし、「大腸がんの検診」は数少ない有効性の高い検診のひとつです。

 現在行われている大腸がん検診は、まず便の検査をして、そこに微量の血液が検出されるかどうかを調べます。これを便潜血検査と言います。この検査で潜血反応が陽性に出た場合には、病気の可能性を疑って、2次(精密)検査としての大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)を行うのです。

 2次検査を受けてがんを発見し治療することにより、がんによる死亡は3割以上低下することが分かっています。

 しかし、問題は便潜血検査が陽性でも、すぐに2次検査を受けない人が多いということです。それでは、すぐに2次検査を受けないと、どのくらいの危険があるのでしょうか? 今年の米国医師会雑誌に、この疑問についての研究結果が発表されました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。