愉快な“病人”たち

ゆーとぴあ帆足新一さん 直腸がん経験も「病気をネタに」

ゆーとぴあ・ピースの帆足新一(C)日刊ゲンダイ

 でも、お酒はやめられない。ウイスキーはいいようなので、もっぱらハイボールを飲んでいます。一人酒は嫌だから、必ず誰かと一緒に。楽しいお酒ならいいんですよ。仕事や買い物で毎日歩いていますし、時間があればジムに行ってプールで泳いだり、太極拳してサウナで汗をかくという健康的な生活です。

 マジメな話、健康には気をつけた方がいいですよ。40代からは内視鏡検査した方がいい。ボクもあと1年放っておいたら、どうなっていたかわからない。今の医療、早期なら助かるから、本当にみなさん検査に行ってください。

 あとは“笑うことが大事”みたいですよ。ボクが「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)に出演させていただいたとき、スーパードクターの方々に「ツラい病気のときこそ笑っていいんだ」とお墨付きをもらいました。

 ホープさんなんて4回もがんになったけど、誰よりも元気だし、肌艶はいいし、すごいですよ。失礼だけど“これならまだいけるな”と思いました(笑い)。

4 / 5 ページ

関連記事