貧乏になる人の習慣

米国富裕層2割は貧困層出身 共通項は「親が厳しい」こと

シンガポールは中国語、英語、マレー語、タミル語の4カ国語が公用語(C)AP

 自分はダメだったが、子どもを億万長者にしたければ厳しい親になることだ。

 日本は世界で2番目に億万長者が多い国になった。総資産100万米ドル(約1億1000万円)以上の富裕層は、前年から73万人も増えて282万人(クレディ・スイス=2016年リポート)。株価、為替、五輪の影響で、今後も増加するだろう。

 どうせ彼らの親は金持ちなんだろう……と諦めがちだが、実は米国の富裕層の2割は貧困層の出身で、さらに5割も中間層の出身だ。

 彼らには厳しい親がいたという共通点があった。例えば、学習障害のあったヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長は、学校でイジメられても、家では弁護士(決して裕福ではない)の父に逆に叱責された。元客室乗務員の母にも、「自分で帰れ」と家から5キロ離れた場所で車から降ろされたり、12歳の時に80キロ先の親戚の家にも自分で自転車で行けと試練を課せられたという。彼の異端児ぶり、ユニークなキャラは有名だが、成功要因の冒険心は母親の影響だ。

1 / 3 ページ