がんと向き合い生きていく

肝臓がんのほとんどは肝炎ウイルスの感染が原因

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 採血検査では、主な腫瘍マーカーである「AFP」と「PIVKA―Ⅱ」を調べます。画像では超音波診断とCT検査(特に造影剤を使用)を行います。

 肝臓がんの患者さんの多くは肝炎、肝硬変を抱えていますので、がんの治療では、がんの進行状態(病期)だけではなく、肝臓の状態(肝障害度)から治療法を決定します。

 一般的には、「肝障害度が軽度から中等度、がんが1個から2~3個、大きさが3センチ以内」であれば、手術(切除)あるいはラジオ波焼灼療法、「大きさが3センチ超」では切除、あるいは肝動脈塞栓(化学)療法、「4個以上」では肝動脈塞栓(化学)療法が選択されます。肝障害度が重症では、「がんが3個までで大きさ3センチ以内」なら肝移植が検討され、「4個以上」では緩和医療が選択されます。

「ラジオ波焼灼療法」とは体の外から肝臓のがんに特殊な針を刺し、針の先端にラジオ波を流して高熱でがんを焼灼する方法です。がんの大きさが3センチ以内であれば、すべて焼灼できるといわれています。局所療法としては、この他にエタノール注入療法、マイクロ波凝固術などがあります。

3 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。