クスリと正しく付き合う

高齢者には慎重に使わなければならない薬がたくさんある

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 リストアップされている薬については、できる限り速やかに効果を見極め、早めに中止すべきであるとされています。出血、消化管傷害などの副作用や、転倒・骨折などのリスクが高まるためです。しかし、こうした基準をもってしてもやめ時に困る薬が、高血圧、高脂血症、2型糖尿病などのいわゆる生活習慣病の治療薬でしょう。次回から、生活習慣病治療薬の減量・中止の方法について詳しくお話ししていきます。

2 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。