ニューヨークからお届けします

米学術誌が発表 チップを乗せるだけで皮膚や血管が再生

米オハイオ州立大学ウェクスナー医療センターの公式(HP)

 親指の爪ほどの大きさのナノチップを皮膚の上にのせるだけで、傷ついた皮膚や血管が再生する――。まるでSF映画のような治療法が近い将来、現実になるかもしれません。

 米学術誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」に発表されたのは、オハイオ州立大学ウェクスナー医療センターのチームが行っている研究です。「ティシュー・ナノトランスフィクション」というナノテクノロジーを使えば、細胞をリプログラミングして再生できるというのです。

 まず、ナノテクノロジーを使ったチップを皮膚の上にのせます。微量な電流を使ってDNAまたはRNAの形で遺伝子情報を1つの皮膚細胞にピンポイントで注入。するとその皮膚細胞がリプログラムされて、傷ついた皮膚を治す機能に変わるというのです。

 研究チームはすでにマウスを使った実験に成功しています。ケガをしたマウスの足にチップをのせてDNAを注入したところ、2週間目には皮膚細胞が血管の細胞に変わり、3週間目には足は完全に治癒しました。

1 / 2 ページ

関連記事