役に立つオモシロ医学論文

カロリーオフ食品にダイエット効果はあるのか?

(C)日刊ゲンダイ

 カロリーオフをうたう食品は数多くあります。特にシュガーレスとかノンシュガーといわれるような、砂糖を使用せず、人工甘味料を使った食品や飲料にはダイエット効果が期待できると思われるでしょう。しかし、人工甘味料の長期的なダイエット効果について、これまで明確なことはあまりよく分かっていませんでした。

 そんな中、2017年7月17日付でカナダ内科学会誌に、人工甘味料の摂取とBMIとの関連を検討した研究論文が報告されました。BMIとは[体重(キロ)]÷[身長(メートル)の2乗]で算出される体格指数で、日本肥満学会では18.5以上25未満を普通体重、25以上で肥満と定義しています。

 この研究では、16年1月までに報告された37の研究を統合解析しており、40万人以上の人が解析対象となりました。また、BMIのほか、高血圧や糖尿病など、生活習慣病との関連性も検討されています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。