Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

相次ぐ若年性乳がん 「トリプルネガティブ」でも諦めない

乳がんで亡くなった小林麻央さん(C)日刊ゲンダイ

 そんな事情から、アンジーは乳房の予防切除に踏み切りましたが、BRCAを標的にした治療薬の開発は進んでいます。トリプルネガティブの中には、BRCA変異群も含まれていますから、薬の登場で治療の可能性はさらに広がるのです。

「トリプルネガティブ」も早期ほど予後は良好ですから、検診と同様にセルフチェックも大切。ネガティブなイメージに振り回されてはいけません。

3 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。