5年ぶり指針改訂 高コレステロール薬はやはり飲むべきか

写真はイメージ
写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 日本動脈硬化学会は6月末、5年ぶりの改定となる「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」を発行した。知っておくべき動脈硬化予防のポイントを、同学会理事長で、りんくう総合医療センター病院長の山下静也医師に聞いた。

 動脈硬化になると、血管壁の内側にコレステロールが蓄積し、血管壁が盛り上がってコブのようになり、血液の流れが悪くなる。コブが破れると血栓ができ、血液の流れが止まる。

「動脈硬化が原因の病気は狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患、脳卒中、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などです」

 冠動脈疾患などの心血管疾患は日本人の死因第2位。心筋梗塞発生率は過去10年で上昇傾向にある。脳血管障害が死因第4位であることも加味すると、動脈硬化予防の重要性がよくわかる。

 これに大きく関係しているのがコレステロールだ。複数の研究で総コレステロールとLDLコレステロール(=LDL―C。いわゆる「悪玉」)が上昇すると、心血管疾患のリスクも上昇するとの結果が出ている。HDLコレステロール(「善玉」)は高くなるにつれ心血管疾患リスクが低下するため、要注意はLDL―Cとなる。

 LDL―Cが高い場合の治療薬が「スタチン」だ。雑誌などで副作用に焦点を当て「飲む必要はない」といった否定的な表現をされたことから、「本当に薬で下げるべき?」という質問が患者から相次いでいるという。

「やはり複数の研究で、スタチン投与でLDL―Cが低下すると心血管疾患の発症や死亡が減少する結果が出ています」

 糖尿病は冠動脈疾患の主なリスク要因だが、糖尿病の冠動脈疾患予防を調べた研究では、すでに冠動脈疾患を発症した人もそうでない人も、スタチンでLDL―Cが低下すれば、冠動脈疾患の発症率も低下した。

■「数値の低い人は死亡率が高い」との見方は本当か

 注目すべきは、治療による到達LDL―C値で発症率が変わる点。LDL―C175(㎎/デシリットル)以上群を1とした場合、数値が下がるにつれ発症率も下がり、50未満では0・44だった。

「LDL―Cは低いに越したことはない。特に心血管疾患を発症し、2次予防で服用している人は、“thelower,thebetter”なのです」

「LDL―Cの下げ過ぎは死亡率、脳出血の発症率を上げる?」も、よくある質問だ。ところが日本の17年以上の追跡調査で「低コレステロールでの総死亡率上昇は、肝疾患、潜在性のがんなどによる死亡率の上昇があったから」と判明。つまり、死亡率は「上がらない」。

「LDL―Cはかなり下げても問題にはなりません。ただし、スタチンの通常量で極端に数値が下がる人は、がんなどが隠れている可能性があるので検査が必要です」

 なお、「スタチンでがんが増える?」の質問もあるが、それを否定する研究結果が出ている。

 認知度は低いが、早急な対策が求められるのが「家族性高コレステロール血症(FH)」だ。突然変異の遺伝性疾患で、生まれた時からLDL―Cが180以上(通常は140以上が脂質異常症)。男性では20代から冠動脈疾患を発症したり、突然死もある。若い年代の発症リスクは、FH以外の人の20倍ともいわれる。全国のFH患者総数は25万人以上と推定されている。

「しかし、診断がきっちりされていません。治療でLDL―Cを70%近く低下でき、冠動脈疾患の発症リスクを下げられます」

 FH適応の新機序の薬も昨年末に発売されている。

「未治療時のLDL―Cの数値が高い」「家系に若くして冠動脈疾患を発症したことがある」などに該当する人は、一度FHかどうかを調べた方がいい。

関連記事