決算書でわかる有名病院のフトコロ事情

都立8病院の収支決算 28億超の補助金でも「広尾」は赤字

広尾は17億円の赤字(C)日刊ゲンダイ

 本庁(東京都病院経営本部)は医療を一切やっていませんが、都や国から33億円もの負担金・補助金を入れてもらっています。そこから職員の給与や各種経費などを払っているわけですが、6億円の黒字が出ています。つまり、いちばん楽なのは「お役人」ということなのかもしれません。

3 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。