クスリと正しく付き合う

降圧剤を止めたいならまずは自分で血圧を測定する

自身の血圧をまず知る(C)日刊ゲンダイ

「高血圧」で治療を受けている患者数は1000万人以上(平成26年、厚生労働省調べ)、高血圧人口は4000万人以上とされています。なぜ、高血圧の治療や予防が重要かというと、合併症が問題となるからです。

 高血圧の合併症リスクについて、今年のアメリカの大規模臨床試験(SPRINT試験)の結果から「血圧は低ければ低いほど好ましい(正常範囲で)」といわれるようになりました。「好ましい」というのは、「心血管イベント(心血管死、心筋梗塞、脳卒中、心不全など)が起きにくい」ということです。つまり、血圧を正常に保つことは、将来的な大病を予防するための投資ということなのです。

 血圧は年齢とともに高くなりますし、一朝一夕に下げることはできません。

 重要なのは、減塩、運動(体重減少)、喫煙や飲酒を控えめにするといった生活習慣の改善ですが、そう簡単ではありません。そのため、必要に応じて血圧を下げる薬=降圧剤を使う場合があるのです。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。