医者も知らない医学の新常識

コーヒーは長生きできる飲み物か?

コーヒーは健康に良い?(C)日刊ゲンダイ

 皆さんの中にもコーヒー好きの方はたくさんいると思います。コーヒーは健康に良いのでしょうか、それとも悪いのでしょうか?

 コーヒーに含まれているカフェインには、心臓を刺激して不整脈を起こしやすくするといった悪い作用もあります。そのことを考えると、コーヒーは健康に悪そうです。その一方で、コーヒーには体から有害物を取り除く抗酸化作用のある生理活性物質が、多く含まれているという報告もあります。このことからは、コーヒーは健康に良い可能性もありそうです。

 2012年に45万人以上の健康調査でコーヒーの体への影響を調べた研究があります。「コーヒーをたくさん飲む人の方が、10%くらい総死亡のリスクが低下した(長生きだった)」という結果でした。

 さらに、今年に入りアメリカの国立がん研究所から新しい調査が発表されました。今度は人種ごとにコーヒーの寿命への影響をみたものですが、ハワイの先住民を除いては、人種の差はなくコーヒーをたくさん飲むほど死亡リスクは低下していました。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。