決算書でわかる有名病院のフトコロ事情

愛育病院の出産費用 無痛分娩で個室なら最大138万円

個室も選択肢の1つ(写真はイメージ)(C)日刊ゲンダイ

 健康な出産は、健康保険や国民健康保険の対象ではありません。そのため病院で出産すると自由診療扱いになり、費用を全額負担することになっています。とはいいながら、出産後に健保組合等に申請すると「出産育児一時金」として、子供1人当たり42万円が支給されます。またほとんどの病院や産科クリニックが、出産費用(1週間程度の入院と食事代等を含む)を40万円前後に設定しています。つまり、出産にかかる個人負担は事実上ゼロということです。

 しかしそこは、セレブ病院。愛育病院の料金は一般とは一味違っています。<表>は病院ホームページに公開されている料金をまとめたもの。基本料金(一般室に5~7日間入院)が69万円ですから、普通の病院よりも30万円近く高い設定です。ただ、庶民では払えないほど高額ではありません。それに健康保険から42万円が出ますから、実質的には27万円の負担で済みます。そのくらいの出費で最高ランクのセレブ病院で出産できるとしたら「安い!」と思う人もいるでしょう。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。