決算書でわかる有名病院のフトコロ事情

移転後の愛育会の決算 人件費率は高めで赤字だが安泰

社会福祉法人恩賜財団母子愛育会の事業活動計算書(抜粋)/(C)日刊ゲンダイ

 高い出産費用にもかかわらず、大勢の妊婦を集めることに成功している愛育病院。さぞや儲かっていると思いきや、数字的にはかなり厳しそうです。

 経営母体の社会福祉法人恩賜財団母子愛育会の事業活動計算書(損益計算書に相当)によれば、2015年度は5.3億円の赤字、2014年度は21.2億円の赤字に終わっています。

 愛育会は幼稚園なども経営していますが、本業の収益(55.5億円)の大半を医療(52.0億円)で稼ぎ出しています。決算書の数字は、そのまま愛育病院・クリニックの数字と見なして構わないでしょう。

 一方、本業にかかった費用は59.6億円、そのうち30.9億円を人件費が占めています。人件費率(本業収益に対する人件費の比率)は55.7%。厚生労働省等の調査によれば、2015年度の一般病院の平均は52.4%。医師数、看護師数などは公表されていないため、他病院よりも給与がいいのか、それとも医師・看護師等を多く雇っているためかは、判断できません。しかし結果として、本業だけで4.1億円の赤字を計上しました。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。