数字が語る医療の真実

【かっけ】日本の学者の無理解が世界的大手柄を奪った

 鈴木梅太郎のオリザニンや都築甚之助のアンチベリベリンの精製は、日本のかっけ治療の研究の王道から無視され続けました。これに対して、インドネシアに派遣されたエイクマンのニワトリの研究やフォルデルマンの囚人研究によって明らかにされた玄米、米ぬか成分に含まれる栄養素によるかっけの予防治療は、その後のかっけ対策の王道になっていきます。

 ロンドンのリスター研究所のフンクは、エイクマンに始まるかっけ研究に注目し、鈴木梅太郎同様、イギリス領マラヤ連邦から大量に送られてきた米ぬかから抗かっけ成分の精製に心血を注ぎます。その結果精製された成分にビタミンと名付けて発表します。1912年、鈴木梅太郎のオリザニンの発表とほぼ同時期です。栄養素ビタミンの歴史は、ここから始まるのです。

 さらにこのフンクの研究がビタミン単一物質の精製抽出につながります。このビタミンの抽出の研究につながる端緒となったニワトリの実験の業績で、エイクマンにはのちにノーベル賞が与えられています。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「CMECジャーナルクラブ」編集長。東大薬学部非常勤講師。東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員、臨床研究適正評価教育機構理事)自治医科大卒。名古屋第二赤十字病院にて研修後、作手村国民健康保険診療所にてへき地診療所医療に携わる。95年同診療所所長。05年東京北社会保険病院臨床研修センター長。「『健康第一』は間違っている」などの著書がある。