数字が語る医療の真実

【かっけ】日本の学者の無理解が世界的大手柄を奪った

 もし鈴木梅太郎のオリザニン抽出後、日本がその先の研究に国を挙げて取り組み、この抗かっけ物質の同定が日本でなされていれば、ノーベル賞は彼に対して与えられていてもおかしくはありません。そうなれば、今われわれが「ビタミン」と呼んでいるものは、「オリザニン」と呼ばれていたかもしれません。

 今では多くの種類が明らかにされているビタミンですが、その最初はかっけとの戦いから発見され、そこには多くの日本人が関わっていたのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。