医者も知らない医学の新常識

ストレス解消にも サプリより森林浴の方が血圧が下がる?

森林浴で心身をリラックス(C)日刊ゲンダイ

 林や森の中を、ゆっくりと歩いたり、そこで運動をしたりすることに、心身をリラックスさせる効果のあることは、誰でも体験すれば実感出来ることです。どのような科学的な裏付けがあるのでしょうか? 

 今年の代替医学の専門誌に、日本人の研究者による興味深い論文が掲載されています。これまでの多くの研究をまとめて検証したところ、森林浴により血圧が下がることが、科学的に確認されたというのです。その効果は軽い高血圧の薬と同じくらいはあり、宣伝されている血圧低下のサプリメントや飲み物より優れています。そして元の血圧が高い人ほど、その効果はより顕著に認められました。

 それでは、なぜ森林浴で血圧が下がるのでしょうか? 自然と触れ合うことにより、自律神経のバランスが変わり、ストレスで高まる交感神経の緊張が抑えられて、リラックスする副交感神経の比率が高まります。実際にストレスホルモンであるカテコールアミンが、森林浴により低下した、という結果も報告されています。もちろん、その効果は一時的なもので、休日に森林浴で血圧が下がっても、都会での仕事に戻れば、交感神経が緊張してまた高くはなるのですが、その影響がしばらくは残ることもまた事実のようです。

 なるべく定期的に森林浴を行うことが、体からストレスを取り除き、血圧を下げるには有効な方法であることは間違いなさそうです。

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。