がんと向き合い生きていく

「余命1カ月」と記された書類にサインをさせられた患者

都立駒込病院の佐々木常雄名誉院長(C)日刊ゲンダイ

 医学は進歩し、いまは真実を告げる時代である。確かにそうでしょう。しかし、短い命を告げられた患者の“こころ”は、むしろつらくなっているのではないでしょうか。そして、患者と医師の関係が希薄になっているのではないか。優しさが少なくなっているのではないだろうか……と私は思うのです。

 病院で、Fさんのように「1カ月の命」などと告げられることは少ないようですが、Fさんのような患者さんに会うと心配になってきます。

 Fさんは、あれから近医に往診していただき2カ月たちましたが、いまも苦しむことなく自宅で過ごされています。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。