クスリと正しく付き合う

降圧剤は作用が異なる4種類を使い分けて処方される

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 高血圧治療の最終的な目的は、心血管病の予防です。高血圧治療には「降圧剤」を使い、主に4種類が用いられていることを前回までにお話ししました。

 ①カルシウム拮抗薬(CCB)②レニン―アンジオテンシン系(RAS)阻害薬③利尿薬④β遮断薬の4種類で、症状に合わせて1種類または2種類以上を組み合わせて治療を行います。

 それぞれ作用が違う薬なので、自己判断で勝手に中止してはいけません。しかし、血圧のコントロール次第で種類を減らしたり、やめることも可能です。

 そのためにも、それぞれの降圧剤の作用の違いについて覚えておきましょう。

①カルシウム拮抗薬は、血管の筋肉を弛緩させて末梢での血の巡りをよくすることによって、血圧を下げます。臓器への血の巡りもよくなるため、臓器障害の合併症がある場合や、高齢者にも使いやすい薬です。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。