天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

「卵円孔開存」は術後の感染症心内膜炎リスクを高める

順天堂大学医学部の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 心臓の弁を交換する手術を受けた患者さんは、術後に感染性心内膜炎を発症するリスクがアップします。心臓を覆っている心膜や心臓の中にある弁に細菌が取り付いて感染を起こす病気で、血液内に侵入した細菌が交換した弁に感染巣を作りやすいのです。

 もちろん、弁を交換しても、感染性心内膜炎を起こさない患者さんもたくさんいます。それには、術後の自己管理がきちんと行えているかどうかが大きく影響してきます。10~20代のころに手術を受けた患者さんの中には、免疫が弱い状態になってしまう場合もあるため、日頃のケアが重要になるのです。

 感染性心内膜炎を引き起こす細菌は、風邪や外傷などがきっかけで血液内に侵入して弁に感染巣を作るケースもありますが、とりわけ虫歯や歯科治療で注意が必要です。まずは、日頃から正しいブラッシングで歯磨きを行うなど、口腔内の衛生を保つ必要があります。定期的に歯科医を受診して虫歯をチェックしたり、虫歯があるときは早い段階で歯科医に相談し、心臓手術の経験があることを伝えなければなりません。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。