ガガも患う「線維筋痛症」 病歴60年の女性が激痛を語る

難病を告白したレディー・ガガ(C)AP

 活動休止を宣言していたレディー・ガガ(31)がツイッターで、全身に激しい痛みを起こす「線維筋痛症」を患っていることを告白し、話題になっている。

 症状は、関節や筋肉、内臓と、体のあらゆる部位に痛みが生じるもので、倦怠感や不眠を伴うこともある。日本リウマチ財団のホームページによると、日本では人口の2%に当たる約200万人が患っているといい、7割は女性だ。明確な原因は不明だが、ケガや病気など肉体的ストレスや、心理的ストレスが引き金になるとみられている。

■痛みが体中を“移動”する

 約60年間も症状に悩まされている橋本裕子氏(63=線維筋痛症友の会代表)はこう言う。

「症状の特徴は、痛みが移動することです。最初は頭が痛かったのに、1時間後にはお腹の痛みに変わり、さらに1時間後は足の裏が痛むといった具合です。痛みは、頭なら締めつけられる感覚で、内臓ならお腹がよじれるような激痛。足の裏がチクチクと痛み、靴が履けないこともあります」

1 / 2 ページ

関連記事